YouYou2013
30/32

時 差気候/服装単 位喫 煙TRAVEL INFORMATION30込めません。再封可能なジッパー付きの透明プラスチック袋に入れて手荷物検査を受けた100ml以下の容器に限り持ち込みが可能です。●持ち込み制限次の物は、入国時に申告が義務付けられています。申告を怠ると罰則を受け、手続きも複雑なので、持たずに行くことをお勧めします。農作物、一部の革製品、べっ甲、苗木、缶詰以外の肉類、一定量以上の酒・タバコ類。カナダには夏時間(3月第2日曜日〜11月第1日曜日)があり、その期間は時計を1時間進めます。広い国土を持つカナダには、国内でも4時間半の時差があり、バンクーバーとバンフでは1時間の時差があります。バンクーバーと日本との時差は冬時間で17時間。日本が正午の時バンクーバーでは前日の午後7時になります。また、夏時間では16時間の時差になります。カナダは国土が広く、ほとんど雪の降らない地域もあれば、1年の半分以上が雪に覆われている地域もあります。夏の日中は半袖で大丈夫ですが、朝夕は冷え込むこともあるので長袖の上着をご用意ください。カナディアンロッキーへ行く人はセーターやコートも必要です。冬は西海岸沿岸は東京の冬程度の服装で十分ですが、内陸部、東海岸等その他の地域へ行く人は十分な防寒装備が必要です。公式には長さはメートル法、重さはグラム表示が採用されていますが、人々の会話や、マーケットの容量表示等にも依然として昔ながらのヤード、ポンド法が多く用いられています。また、温度表示でも時々華氏が用いられています。カナダではほとんどの都市でかなり厳しい制限をしています。特に公共の建物内での喫煙は認められておらず、違反者には罰金が課せられます。●置き引きに注意空港やホテルでのチェックイン、チェックアウトの際、またはレストランやショッピングでの支払い時に、置き引きに遭うケースが増えています。常に自分の荷物には気を配り、決してバック等を身辺から離さないこと。たとえわずかな時間でも、高級なホテルやレストランの中であっても油断しないでください。●車に貴重品を置かないこと観光の際、車を離れる時には、貴重品は決して置いていかないこと。たとえ観光バスであっても同じです。レンタカーなどの場合は、荷物はトランクなどに納め、車外から見える所に放置してはいけません。●ホテルの部屋は必ず鍵をかけること部屋では必ず鍵をかけ、ドアチェーンもかけましょう。ノックされても、知らない人には絶対にドアを開けないこと。なかには旅行会社の名前を装って室内に押し入る不届き者もいます。不審な場合は直ちにフロント、または旅行会社、添乗員等に電話で確かめてください。たとえ相手が女性であっても、決して油断はできません。話している間に鍵を細工され、夜中に侵入される危険もあるので、「中に入れなければ安心」とは言えません。くれぐれもご注意ください。●セーフティ・ボックスの利用ホテルには宿泊客の為に貸金庫が設置されています。ある程度長期になる滞在の場合は、 身につけておける貴重品以外の大切な物は、セーフティ・ボックスをご利用ください。また、多額の現金を持ち歩く場合は、いくつかに分けて身につけ、人前でおおっぴらに財布を広げたりすることはやめましょう。●見知らぬ人からの誘いには注意男性・女性に関係なく、見知らぬ人からの誘いや、必要以上の交流には注意しましょう。話しかけられたり、抱きつかれて気を取られているスキに、財布や部屋の鍵を抜き取られてしまうこともあります。●クレジットカードの取得JCBカードをはじめとするクレジットカードは、キャッシュを持ち歩かなくていいという安全性だけでなく、本人の経済的信用性を証明するID(身分証明)にもなります。ホテルのチェックイン時に保証金代わりに提示を求められます。レンタカーを借りる人は必ずカードを持っていくこと。これはカードでの支払いを求められるのではなく、IDとして求められるためです。キャッシュやトラベラーズチェックの支払いでも照合の為に提示を求められる時があります。●パスポートのコピーをとること海外に行くとパスポートはとても重要な物になります。旅行期間中は必ず身につけておくことをお勧めします。万が一パスポートを紛失してしまった場合は、すぐ日本大使館または領事館へ行き、再発行の手続きをとってください。その際の手続きがスムーズにいくように、事前にパスポートの写真の載ったページのコピーをとっておくことをお勧めします。また、このコピーはパスポートとは別の所にしまっておいてください。●保険への加入旅行中のケガ、病気に備えての旅行傷害保険への加入をお勧めします。海外は日本と比べて比較にならないほど医療費が高額です。そんな高額な支払いをすることがないように、安心料として保険に入っておくとよいでしょう。トラブルを予防するための ワンポイントアドバイス一般にカナダは治安のよい国だといわれています。しかし、言葉の違いや習慣の違い、旅の疲れやちょっとした油断から、思わぬトラブルに巻き込まれることも少なくありません。せっかくの楽しい旅を台無しにしないように、いくつかのことにご注意ください。●警察/救急車/消防車● ........................................................................................911●在カナダ日本大使館・総領事館● 在カナダ大使館(オタワ).......................Tel:(1-613)241-8541 在バンクーバー総領事館...Tel: (1-604) 684-5868在カルガリー総領事館.........Tel:(1-403)294-0782在トロント総領事館..........Tel: (1-416) 363-7038在モントリオール総領事館...Tel:(1-514) 866-3429緊急連絡先1ポンド1インチ華氏32度華氏70度1マイル1lb1″32 70 1mile454g2.54cm0℃21℃1.6km1フィート1feet30.5cmFF

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です