YouYou2013
19/32

19TORONTOマッケンジーが晩年暮らした私邸で当時の内装が残されている。館内には再建された印刷所とギャラリーが併設されている。アンダーグラウンドシティ-PATHUnder Ground City- PATHユニオン駅からイートンセンターまで、地下鉄の5つの駅に広がる大地下ショッピング街はPATHと呼ばれている。総延長29km、約1,200のショップが集まり、世界中のグッズが集められている。冬の寒さが厳しいトロントでも買い物が楽しめる。セントローレンス・マーケットSt. Lawrense Marketフロントストリート沿いのレンガ造りのこのマーケットでは、新鮮な魚介類、精肉、チーズ、野菜、フルーツ、パンなどの生鮮食料品が手に入る。その他にもユニークなクラフトやギフトショップがある。ケンジントン・マーケットKensington Market中華街に隣接する一角にあるマーケット。エスニック調の町には各国の食材や、アクセサリー、古着を求めて多くの人が集まって来る。古着ファンには必見。ヨーク砦Fort York1793年に築かれた砦。1812年に侵入してきたアメリカとの戦闘の際に破壊され、現存の砦はその3年後に再建されたもの。砦内部には8つの建物が再建当時のままに守られている。トロント・アイランド Toronto Islandsダウンタウン・トロントからフェリーボートにのって10分、オンタリオ湖に浮かぶ小島群。トロントアイランドでは美しい緑と湖畔の景色、そして対岸にはトロントが一望出来る美しい景色を楽しめる。ジョージ・ガーディナー陶磁器美術館The George R. Gardiner Museum of Ceramic Artカナダで唯一の陶磁器美術館。15〜19世紀のヨーロピアン磁器をメインに、滅多に見ることができない逸品を鑑賞できる。イタリアのマジョリカやドイツのマイセンなど、コレクションとしては世界有数。たびたび展示品の交換が行われているので、世界中から訪れるリピーターも多い。イートンセンター(ショッピング)Eaton Centre街の中心にあるトロント最大級のショッピングセンター。3層構造になっているモールには300ほどの店があり、地下1階からの吹き抜け空間は解放感がある。モールは2つの駅に繋がっている。 イートンセンター沿いのYonge St.には洒落た店が多く若者に人気。ロイヤル・オンタリオ博物館Royal Ontario Museum恐竜もいるカナダ最大の博物館。考古学、生物学、美術が中心。古代エジプトのミイラや棺などの考古学遺産、恐竜や動植物など自然科学分野の展示物が充実。中国などの世界の美術品も多く所蔵する。バタ靴博物館Bata Shoe MuseumシューズメーカーBATAのオーナー婦人が集めた古今東西さまざまな年代の靴1万点以上が展示されている。エルビス・プレスリーなどの有名人の靴の展示もある。マッケンジーハウス博物館Mackenzie House Museum19 世紀に建てられたギリシャ風のレンガ造りの建物。トロント初代市長ウィリアム・カサ・ロマCasa Lomaナイアガラの滝を利用した水力発電で財をなしたヘンリー・ぺラットが自身の邸宅として 1914年に建設。中世の古城を思わせる邸宅は当時の金額で350万ドルを費やして建てたもの。スパダイナ屋敷Spadina Historic Houseガス会社の大株主オースチン家が所蔵したビクトリア朝様式の大邸宅。隣接するカサ・ロマと並んで一見の価値有り。トロント動物園Toronto Zoo287ヘクタールの広大な敷地に5,000頭以上の動物が放し飼いになる様に工夫された大型動物園。アフリカンサバンナ、カナディアンドメイン、アメリカズ、ユーラシア、インドマレーの5地域に分かれていてる。市内のみどころ© Tourism Toronto© Tourism Toronto© Tourism Toronto© Tourism Toronto© Tourism Toronto© Tourism Toronto

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です