TOWN PAGES Vol.21 / 2013-2014
81/184

Information77生活情報 〜カナダの暮らしに役立つ情報〜車に乗る(スペシャリストに聞くQ&A)私はカナダ国籍も、永住権(PR)もありませんが、ICBCにクレームできますか?たとえカナダ国籍、または永住権を持っていなくてもクレームすることができます。ICBCのポリシーでカバーされている事故であれば、あなたが歩行者で交通事故に巻き込まれてしまい、BC州の免許を持っていない場合でもクレームすることができるのです。また、賠償金も国籍や永住権とは関係なく支払われます。ICBC交通事故クレームはイミグレーション(移民局)とは関係なく、情報もシェアされていません。……………………………………………………………………………………交通事故に遭った場合、なぜ弁護士が必要なのでしょうか?最も大きな理由として、公平な判断を得るために弁護士が必要です。ICBCの交渉人(Adjuster)は、可能な限り賠償金の支払いを抑えることが仕事です。そして、ICBCの利益を優先に考えます。あなたに交通事故やICBCの専門知識がなければ、実際に受取ることができる賠償金よりも低く提案されることは明白です。例えば、賠償金を決める際に判断の基準となるダメージにもいくつか種類があります。1.一般的なダメージ(General Damage)2.特別なダメージ(Special Damage)3.収入損失(Income Loss)また、BC州では毎週のように多くの判例法がでてきます。判例法とは裁判所の判決が後の事件の判決を拘束することによって法と認められるものです。弁護士は上記全てのカテゴリーの専門知識をもっています。そして、クライアントの賠償金を最大限にすることに努めます。公平な判断を得て、納得のいく賠償金を受取るには、やはり専門家の知識が必要になるでしょう。……………………………………………………………………………………なぜICBCクレームの解決に時間がかかるのでしょうか? 交通事故の際、殆どの怪我は軟部組織損傷です。軟部組織損傷とは、傷を目で確認することが難しく、病院のレントゲンなどでも怪我の証明が困難なものです(皮下組織、筋膜、筋肉、靭帯の損傷など)。しかし、目に見えない怪我であっても、人々の生活に支障をきたす場合は多くあり、完治まで時間がかかることも事実です。そのような時は、長期間病院に通い診察を受けることや、専門のマッサージを受ける必要があります。そして、この行動自体が、本人のダメージを証明するものになるため、クレームの解決に数ヶ月から約一年以上かかることがあります。多くの場合は、治療期間が長いほど賠償金が高くなる傾向にあります。 ……………………………………………………………………………………ICBCクレームをすると、その後の保険料に影響しますか?事故の加害者なのか、被害者なのかによります。加害者の場合はアクシデントヒストリーにより、保険料はおそらく高くなるでしょう。しかし、被害者の場合は、どんなに高額な賠償金をICBCから受取ったとしても、保険料には影響しません。……………………………………………………………………………………駐車されている車にぶつけてしまったのですが、車の所有者(ドライバー)がその場にいません。この場合はどうしたらよいですか?また逆に駐車している間に他の車にぶつけられてしまいました。どうしたら良いでしょうか?駐車している車にぶつけてしまい、車の所有者(ドライバー)が不在だった場合は車の所有者の目に見えるよう、フロントガラスにあなたの名前、住所、電話番号、自動車のナンバープレートと車をぶつけてしまったことを伝えるメモを残すことが義務づけられています。この場合は、ぶつけてしまった側も相手のナンバープレートを控え、後ほどICBCに事故の報告をします。車をぶつけたにもかかわらず、連絡先を残さず事故現場を立ち去った場合は「当て逃げ」で有罪になります。この場合、自動車法または刑法に従って起訴されることがあります。刑事責任に問われる可能性の他に保険契約の違反と見なされ、駐車中の車にぶつけた損害は自費負担になることもありますので注意が必要です。相手方の車の損傷が軽い場合、車の修理にかかった費用を保険で補填せずICBCに直接支払う方法も選択できます(この場合、次回以降の保険料は増額されません)ので、まずはICBCへレポートしてください。駐車している間にぶつけられた場合、まずはICBCに連絡をしましょう。事故の程度にもよりますが、通常は警察に届けて事故の「ケースナンバー」をもらいます。ICBCの指示に従い、落ち着いて適切に指示に従いましょう。目撃者がいた場合などは、相手のナンバープレート、目撃者の証言など、知り得る情報すべてを併せてICBCに報告すると、迅速に解決する場合があります。……………………………………………………………………………………*免責のお断り: 本稿は一般情報を提供することを目的としています。これらの情報は法手続きに関する正式な助言ではないことをお断りしておきます。……………………………………………………………………………………チャン&アソシエイツはお客様自身では解決困難な法律問題に献身的に取り組む「総合法律事務所」です。自動車事故での傷害法だけでなく、家庭問題(別居、離婚)、刑事訴訟、民事訴訟を扱っております。個人、法人にかかわらず「顧客第一主義」を徹底し、質の高いプロフェッショナルなサービスを心がけています。弊社にとって最も大切な事は、全てのお客様との間に「誠実で安定した関係」を築く事です。初回の相談料金は無料です。お電話やE-mailでのご相談の際は、日本人アシスタントまで、どうぞお気軽にご連絡ください。「交通事故」のお話を伺ったのは… 法律事務所 チャン &アソシエイツチャン & アソシエイツ 法律事務所#410-505 6th St., New Westminster, B.C. V3L 3B9E-mail : info@schunglaw.com Web : www.schunglaw.com(日本語相談)Tel. 604-549-9225Fax. 604-549-9121Q.A.Q.A.Q.A.Q.A.Q.A.© Andrii Iurlov | Dreamstime.com

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です