TOWN PAGES Vol.21 / 2013-2014
77/184

Information73生活情報 〜カナダの暮らしに役立つ情報〜車に乗る(中古車の売買)新車を購入する場合はそれほど大きな問題になることはありませんが、中古車の購入に関しては、同じ年式・車種であっても過去のオーナーの扱い方やメンテナンスの頻度などによって車のコンディションに差が出てきます。中古車を選ぶ際には注意したい大きなポイントです。……………………………………………………………………………………■ 中古車のヒストリー(車歴)について中古車は同じ年式の同じ車種であってもふたつと言って同じ車はないと言っても過言ではありません。事故に伴う修復歴、走行距離、登録されていた場所などの要素によって販売される価格にも反映します。大きな事故をした車は販売価格が事故をしていない車に比べ割安感があるかもしれませんが、車を売却する際の査定額も事故をしていない車に比べると大きく下がる点を覚えておく必要があります。また修復作業が適切に行われていない自動車の場合、車体の強度やアライメント、エアバッグ等の安全装備に問題がある可能性がありますので注意が必要です。 バンクーバー近郊は比較的温暖な気候の土地が多いですが、豪雪地域にて長年使用された場合などは融雪剤などの影響で通常より錆の進行が進んでいることが多いことから、査定額が低く評価される傾向にあります。自動車のヒストリーについての照会は有料サービスになりますがICBC (Insuranace Corporation of British Columbia)またはCARPROOFから入手することができます。どちらの照会サービスも下記のウェブサイトから利用できます (http://www.icbc.com/registration-licensing/buy-vehicle/buy-used/vehicle-history)。ICBCのリポートはBC州内の情報に限定していますが、CARPROOFのリポートはカナダ、アメリカ全域での登録履歴、またLien(リーン:抵当権)の有無に渡るまで照会が可能です。BC州外にてかつて登録されていた中古車の購入を検討する際はCARPROOFによるヒストリー照会をお勧めします。Lienとは抵当権のことで、分割で車を購入し完済していない場合や、金融機関や消費者金融が車を担保として融資などをしている場合が考えられます。自動車の名義が変更してもLienがついている自動車は差し押さえの対象となることが十分考えられます。登録ディーラーにはヒストリーを開示する義務があります。情報の開示を拒むディーラーとの取引は問題が発生する可能性があります。適切な対応が望めない場合はVSA(Vehicle Sales Authority of British Columbia)に相談することもできます。ただし、上記の照会サービスは保険会社が関わらない形で行われた修復などは記録に反映しないことがありますので注意が必要です。 ……………………………………………………………………………………■ 車のコンディションについて中古車のコンディションや過去のメンテナンス内容によっても購入後の維持費が大きく変わってきますし、重大なトラブルともなれば大きな出費にもなります。ディーラーによっては入念な整備を施した後で販売するディーラーもあれば、逆に基本的な点検すら実施しないで販売するディーラーが存在するのも現状です。これはディーラーの規模や新車ディーラーであるといったことだけで判断はつきません。販売前に整備を施しているのである場合ば具体的な整備内容を書面で確認させてもらうと安心です。ましてや個人売買にて中古車の購入ともなるとコンディションを判断することは大変難しいものです。自動車は大変複雑な機械の集合体です。車のコンディションを中立な第三者に点検してもらうことも場合によっては必要な選択と言えます。信頼できる整備工場で購入前の点検を依頼するのもいいでしょう。ディーラーから車を移動することが困難な場合などは出張にて購入前点検サービスを受ける方法もあります。日本のJAFに相当する団体であるBCAA(British Columbia Automobile Association) が購入前点検サービスを有料で提供しています。非会員でもサービスを利用することが可能です。詳細はウェブサイトをご覧ください。● 中古車購入前点検サービスについて(有料) BCAA: ………………………………http://www.bcaa.com……………………………………………………………………………………■ エアケアについて中古車を購入になる際は、エアケアのステータスも確認しておく必要があります(エアケアの詳細に関しては前述の「メンテナンス」の項を参照ください)。エアケア検査に合格しないと、場合によっては多額の修理費用が掛かることも考えられます。個人売買での取引の場合はエアケアの検査に合格しなかったことが理由に売りに出されるケースもあり注意が必要です。個人売買で車を売ることは案外容易いことではないかもしれませんが、時間に余裕があるようでしたらチャレンジしてみるのも良いでしょう。 手入れの行き届いた車は買い手が早くつくものです。オイル交換や定期点検を証明できる領収書などは保管しておきましょう。また、入念な洗車や車内の清掃は買い手に与える第一印象を変えるものです。もし車に不具合箇所がる場合は、修理もしくは修理が必要な旨買い手に説明をしましょう。売却後のトラブルを避ける為にも売り手に不利になる内容も含め正直に説明しフェアな取引を心がけましょう。時間的な制約がある場合や取引をするうえで不安が少しでもあるようなら、無理をせずにディーラーに査定を依頼するのことも手段のひとつです。大切に乗られていた車であれば考えている以上の査定金額が期待できるかもしれません。正確な査定がされているか確認する必要がある場合は、数社に査定依頼をしてみるのも良いかもしれません。車の売却にはお金の受け渡しが発生します、パーソナルチェックなどで受け取った場合に現金化できない事態も想定できます。確実に現金化できる安全な方法で取引をすることが大切です。安全な時間帯に安全な場所での取引を心がけてください。買い手によっては購入時のHST支払いを逃れる為にギフトレター(無償譲渡証)にサインするように迫られる可能性もあります。個人売買の場合は、購入時も売却時も正確な取引金額をAUTOPLAN(ICBC自動車保険)エージェントに伝え税金を申告しましょう。不正行為に加担すると思わぬトラブルに巻き込まれます。新車、中古車の購入時に乗っている自分の車をトレード(下取り車)として使うこともできます。HSTは購入代金からトレードを差し引いた金額にのみ課税されますので、税金面で優遇されます。「中古車の売買」の執筆は… リチャード 中村 さんニッポンオートセンター代表。日本、カナダの両国で自動車整備士、新車セールス、中古車セールスの経験を積む。幅広い角度からお客様のためになるアドバイスを提供いたします。ニッポンオートセンターは、カナダBC州の自動車販売業者協会(Motor Vehicle Sales Authority of British Columbia)から認可された登録自動車ディーラーです。ニッポンオートセンターでは、日本人スタッフがお客様のニーズに合った、良質な中古車をお買い求めいただくお手伝いをさせていただきます。お客様のご要望に合いましたクルマをご用意することももちろん可能です。お気軽にお電話ください。Nippon Auto Centre Ltd.6755 Kingsway, Burnaby, BC V5E 1E4E-mail: nakamura@nipponautocentre.com Web: www.nipponautocentre.comTel. 604-777-AUTO (2886)■ 中古車購入の際のチェックポイント ■■ 中古車の売却 ■

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です