TOWN PAGES Vol.21 / 2013-2014
76/184

Information72生活情報 〜カナダの暮らしに役立つ情報〜車に乗る(中古車の売買) 高価な車の売買には情報収集は不可欠です。より安全なカーライフを送る為にも購入しようとしている車について調査することをは必要不可欠です。どんな車をどこでどのように購入するのか、事前にチェックしておきましょう。……………………………………………………………………………………■ 車の性能を調べる購入したい車の品質や性能を調べる際に役立つサイトを紹介します。● 安全性 ……………………………………………………………………… Insurance Institute for Highway Safety (IIHS): www.iihs.org IIHSはで事故による死傷者やダメージを減少させることを目的とした非営利調査機関。サイトには各メーカーの全車の衝突実験の結果が掲載されています。調査結果はgood, acceptable, marginal, poorの4つの評価に分けられ、各年毎に優れた車種が掲載されています。 ● 信頼性 ……………………………………………………………………… JD Power and Associates: www.jdpower.com/autos 各メーカー、車種別に信頼度を5段階で掲載。過去10年分のモデルに関して調査が可能です。調査項目も細分化されているので、品質をより詳しく調べたい人にはお勧めです。 ● 燃費 ………………………………………………………………………… Natural Resources Canada: http://oee.nrcan.gc.ca/transportation/tools/fuelratings/ratings-search.cfm カナダで販売されている車の燃費を車種、年式から調査できます。……………………………………………………………………………………■ 市場相場価格や売り主を調べる市場価格やインターネットや新聞などの媒体にて中古車を調べてみる。(AUTOTRADER, BUY&SELL, 新聞、クラシファイド等)同じ年式、車種であってもコンディションによって値段が変わりますので、数多くチェックすることで比較検討ができます。信頼できる販売主を探すのことも大切です。カナダに長く住む知り合いや過去に中古車を購入したことのある経験者に評判の良い中古車販売業者について尋ねてみるのも良いでしょう。中古車を購入する方法は、ディーラー(新車・中古車)で購入する方法と個人売買で購入する方法の2通りがあります。……………………………………………………………………………………■ ディーラーで購入する● 新車ディーラーで購入 …………………………………………………… 一般的に新車ディーラーでは低年式の比較的新しい中古車を数多く在庫し販売しています。自動車メーカーの看板をあげているディーラーですから必然的にそのメーカーの中古車の取り揃えが多くなります。また新車ディーラーは大きなサービス部門を併設していることから、購入後のメインテナンス等で的確なアドバイスが受けられます。● 中古車販売業者で購入 …………………………………………………… 新車ディーラーに対し、中古車専門の販売店では、幅広い価格帯の中古車が取り扱われています。中古車販売店によっては特定の車種に特化した専門店的な中古車販売店も見られます。希望車種の調達など中古車販売店の方が柔軟な対応が可能な場合があります。また中古車販売店が整備工場を持つケースとそうでないケースがあります。購入後のアフターサービスまで考慮して購入店を判断することも重要なポイントとなります。● VSA (Vehicle Sales Authority of British Columbia)BC州では、BC州自動車販売業者協会:VSA(Vehicle Sales Authority of British Columbia) に認可された登録ディーラー以外は合法的に自動車、オートバイを販売をすることが許されていません。VSAは消費者が安心して自動車を買い求めることができる様、ディーラーに様々な規則、法律の遵守を指導するとともに監視をしています。また、消費者に自動車を購入するうえでの注意点なども喚起しています。 仮に消費者が不正な取引で被害を受けた場合は、VSAが消費者を保護する役割を担っています。万が一、ディーラーに資金返済能力が無いことが判明した場合でも、登録ディーラーによる保証金財源より拠出されるシステムがあります。 ○ 下記のウェブサイトから団体の概要をご覧いただけます。   www.vehiclesalesauthority.com● ファイナンシング(分割ローン)についてファイナンシングは自動車の購入支払い額(車両価格他+HST)を支払い月数で割って分割払いをする方法になります。新車に関しては近年金利0%や頭金なしなどの条件でファイナンスが受けられる車種も多くなっています。中古車をファイナンスすることも一般的に普及していますが、新車購入時と比較すると金利が少々高くなる傾向があります。新車購入時の優遇金利は銀行プライムレイトなどよりも低く設定されており、自動車メーカーによる販売促進キャンペーンのひとつと言えます。また、カナダに移住された間もない方の場合は十分なクレジット(与信)がないことから、審査が通りづらいことや不利な金利設定になることも考えられるので注意が必要です。……………………………………………………………………………………■ 個人売買で購入する個人売買の多くは新聞やインターネット上のクラシファイドで取引がされています。個人取引ではディーラーよりも安く購入できる反面、全ての手続きを自己責任で行わなければならず、調べなければならない事柄も沢山あります。購入後に問題が起こる可能性も考えなくてはなりません。ディーラーから購入するのと異なり、個人売買では現状で購入することになり、問題が発生した場合は、個人の責任で解決を求められます。個人売買で車の購入を検討する際は、売り手に銀行等へのローンの返済が残っていないか、事故暦の有無、コンディション、修理歴などを書面にしてもらい、不明瞭な情報がないかどうかひとつずつ確認していきましょう。購入前には必ず試乗し、信頼できる修理工場へ持っていき、チェックしてもらうとより確実です。個人売買の場合は、特にLien(抵当権)がついている中古車が販売されたりするケースや、盗難や書類偽造といった犯罪行為の被害に遭わぬよう注意が必要です。また、売り手の中には一般人を装ったCurber(カーバー)と呼ばれる中古車の転売で生計を立てている人間が数多くいます。見た目では判断がつきにくい問題のある中古車を販売したり、走行距離が改ざんされた車を扱うなどといった悪質なケースもあります。この他にも、個人売買でのトラブルとして、過去にテストドライブ中に車内で暴行されたなどといった事件も発生しています。特に女性が単独で売り手と接触することは危険が伴うことも充分に頭にいれておく必要があります。中古車の売買カナダでは数多くの中古車が流通しています。中古車の場合、同じ車種でも千差万別で思わぬ落とし穴も存在しますので、購入の前に知っておくべきことや注意することがあります。この項では特に安全に乗ることのできる中古車を安心して売買するポイントをご紹介します。■ 情報収集する ■■ 購入方法 ■

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です