TOWN PAGES Vol.21 / 2013-2014
75/184

Information71生活情報 〜カナダの暮らしに役立つ情報〜車に乗る(車の購入/メンテナンス)新車は各社新車販売ディーラーにて購入します。新車を購入するには一括購入、ローン購入、リースの3種類があります。……………………………………………………………………………………■ 現金一括購入まとまった現金が支払える場合の購入方法で、他の2つの方法とは違い利子もつかず、結果的には一番安く車を購入できる方法です。……………………………………………………………………………………■ ローン購入購入時には購入金額の一部を頭金として入金し、残りを月数で割り毎月定額を支払う方法です。最近では自動車業界の全体の傾向で、どこのメーカーからも0%金利などというものが多くなってきています。……………………………………………………………………………………■ リースファイナンスローンが「車全体の金額を月数で割ったもの」であるのに対し、リースの場合は「売値からリース終了後の残価を差し引いた差額だけを月数で割る」ため、月々の支払いはその残価の分だけ安く抑えることができます。決まった年数で車を新しいものに変えたい方や、まとまった予算を車の経費に使いたくない場合、少ない月々の支払いでよりグレードの高い車種に乗れるといったメリットがあります。次ページ「中古車の売買」ををご覧ください。カナダには日本のような車検制度はありませんが、BC州で車を所有する場合、対象となる車両はAIR CAREと呼ばれる排気ガスの検査が義務づけられています。この検査をパスしなければ自動車保険に加入できないので注意が必要です。検査対象となる車両とその頻度は、車の製造年によって決められており、91年よりも古い車は年に1度、92年よりも新しい車は2年に1度検査を受け、2006年よりも新しいものは受ける必要はありません。(2013年5月現在)AIRE CAREは10分程度の検査で、最寄のAIR CAREセンターに車を持ち込んで受けます。検査費用は車両や検査内容にによって異なりますが、91年以前の車で$23、92年以降の車で$45となっています。*1)この検査にパスしなかった場合は、修理・再検査が必要です。保険更新時までに修理が間に合わない場合は、修理完了までの条件つきで1回のみ3ヶ月間の保険の延長が可能です。AIR CAREに関する詳細はwww.aircare.caを参照してください。*1) 対象車の製造年と検査費用は2013年5月時点のものです。2013年12月31日まで有効。車は定期的にメンテナンスをしているかどうかでその寿命に大きな差が出てきます。安心して車を運転するためには、「故障したから修理に出す」のではなく、点検・整備を怠らないことが重要です。特に問題がない場合でも、オイルチェンジごとに基本的な箇所の点検、また、2年に1度は車全体を整備・点検することをお勧めします。その他にも走行距離を目安に、オイル交換(5,000km)、ブレーキの点検(30,000km)等、各種手入れを忘れないようにしましょう。ご自身がかかりつけのファミリードクターを何度も変えないように、車の整備、修理、管理もひとつの工場、ひとりのサービスアドバイザーとやり取りする方が、万が一何か異常が起こった際にことがスムーズに、そして迅速に運びます。特にメーカー保証のついた車の場合は、定期チェックを受けている最中に異常を発見、そして直ちに無償修理などということもよく見られますので、メンテナンス依頼の際には、その車のメーカーのディーラーに持ち込むことをお勧めします。日本に比べて車の盗難や車上荒らしが多いカナダでは、自動車メーカー、そして数多くのアフターマーケットメーカーより豊富な種類の盗難防止に役立つアイテムが販売されています。しかし、これがあれば絶対大丈夫というものは存在しないので、過信は禁物です。最近では警察がベイトカーと呼ばれるおとりを使い、車の盗難をする者を捕まえるのに役立てている様ですが、それでも完全には防ぎきれないのが車の盗難、そして車上荒らし。日頃から車を駐車する際にはなるべく人目に付きやすい場所を選ぶように心がけ、車の中には絶対に金品、貴重品は置かないようにしましょう。たかが数枚のコインが車の中に散らばっていたがために、外から窓ガラスを割られて数百ドルの出費というのはあまりにもばかばかしいものです。また、予想外のことが起こってしまった時にはどうしたらよいのか、その手順を説明してもらえるアドバイザーを持っておくとよいでしょう。いざという時に的確な対応ができ、安心です。車の購入■ 新車を購入する ■カナダで暮らす人にとって、車は生活必需品と言っても過言ではありません。車の需要は高く、新車・中古車ディーラーのみならず個人で取引する人も多く見られます。購入の際にはコンディションを入念に確認し、安心して乗れる車を選びましょう。メンテナンス■ エアケア ■車を購入した後は如何に快適なカーライフを送るかを考えましょう。車も人間同様、調子の良い状態で過ごすためには定期的なメンテナンスが必要。大切な車だからこそ、盗難等に対する防犯対策も含めて日頃から気をつけておきたい事柄を押さえておきましょう。■ 定期点検 ■■ 防犯対策 ■■ 中古車の購入 ■● Scrap It Program新しい排気ガスシステムを使用する車を増やして大気汚染を減少させることを目的とし、近年新たに取り入れられているBC州のプログラムです。このプログラムでは2000年式よりも古い車に乗っているオーナーがその車を廃車にし、2008年よりも新しい車両を登録ディーラーで購入すると助成金をもらえるという利点があります。詳細はwww.scrapit.caを参照してください。「車の購入」「メンテナンス」の執筆は… 福島 竜 さん国内最大の日産自動車販売グループ、東京日産を傘下にもつ日産東京販売ホールディングス100%資本のカナダ事業所にてセールスマネージャーを務める。10代の頃からの北米での生活経験を元に、自動車をはじめとするさまざまな問題や、車に関わる諸事情をもつ方の相談相手となる。カナダ国内にて20人のみに与えられている、スーパーカーGT-R正規販売資格保持者でもある。○福島さんは2012年6月よりサレー店に勤務Tel. 604-589-899915257 Fraser Hwy., Surrey, B.C. V3R 3P3パンパシフィック 日産 リッチモンド13220 Smallwod Place, Richmond V6V 1W8E-mail: robbie.fukushima@panpacicnissan.com Web: www.panpacicnissanrichmond.comTel. 604-273-1661Fax. 604-273-3834

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です