TOWN PAGES Vol.21 / 2013-2014
33/184

Information29生活情報 〜カナダの暮らしに役立つ情報〜シニアライフ(カナダの年金)カナダの公的年金は老後の生活を安定させる為に政府が管轄する基礎年金OAS: Old Age Security Pension(老齢保障年金)と所得比例年金であるCPP: Canada Pention Plan(カナダ年金制度)の2層構造になっています。私的年金には公的年金とは別に各個人が任意で積み立てられる個人年金や起業年金が該当し、公的年金とあわせた結果、カナダの年金は3層構造となります。ここでは公的年金の概要をご説明します。カナダの老齢保障年金制度 (Old Age Security Pension) は、税収を財源に政府が支給する制度で、保険料の徴収はありません。この制度下で支給される年金には以下の3つがあげられます。……………………………………………………………………………………■ OAS(Old Age Security): 老齢年金就労しているか否かに関わらず、65歳以上の人に毎月支払われる年金。公的年金構造の1階部分にあたります。積立金を払い込む必要はなく、また申請時に収入がある人でも受給は可能です。OASは課税対象となり、年間収入が一定額を超す総所得の高い人の場合、受け取った老齢年金の一部分または全額を税金の形で払い戻すことになります。● 申請条件 …………………………………………………………………… カナダに10年以上住んでいる65歳以上の方で、市民権または移住権保有者。また、カナダ国外に住んでいても受給できますが、その場合は条件として、(1)18歳の誕生日以降、最低20年カナダに居住したこと、(2)カナダから住所を移した前日の時点で市民権または永住権を保有していたことが求められます。● 申請方法 …………………………………………………………………… 申請は65歳の誕生日の半年前から可能 。66歳以降になってから受給申請をした場合でも、最大11ヶ月分までは遡って年金を受け取ることができます。申請用紙は最寄りのService Canada Centerで入手するか、電話で依頼します。Service Canadaのウェブサイトからもプリントアウトが可能です。● 自発的受給延期 ……………………………………………………………今年7月からOSA受給を65歳の誕生日から最高60ヵ月まで遅らせて受給することができるようになります。その場合は、1ヵ月に付き0.6%支給額が増加します。もし70歳まで受給を延期すれば、年間36%増加します。    ● 申請用紙依頼先番号:  カナダ又はアメリカから 1-800-277-9914  それ以外の国から 1-613-957-1954 ● 申請書類についての注意カナダ以外で生まれた、または18歳以降継続してカナダに居住していない人の場合、カナダ市民または移住者であることの証明書類を提出しなければなりません。また、18歳以降から申請時までの間の出国、入国に関する全ての日付を記録し、提出する必要があるので注意が必要です。● 支給額 ……………………………………………………………………… 基本支給額は月額 546.07ドル(2013年4月現在)。そのうち全額を支給されるか、減額支給されるかは、本人がカナダに居住した年数により決定されます。給付金を満額受給するには、18歳の誕生日以降、40年間以上カナダに居住しなければなりません。また、1977年7月1日の時点で、25歳以上だった人が、1977年7月1日にカナダに住んでいた、または 1977年7月1日より前かつ本人の18歳の誕生日以降カナダに住んでいたことがある、または 1977年7月1日に永住権を獲得していた場合も満額の受け取りが可能です。年金の支給開始後はその後何年カナダに住んでも支給額に影響はなありません。 また、全額支給を受ける条件を満たさない場合でも、減額された年金を受けることが可能です。40年に満たない場合はその分(1年につき40分の1)減額される計算になります。この場合、減額支給を受け取り始めた後にカナダに住んだ年数は加算されません。 ● 減額支給の場合の計算式 基本支給額($546.07)X(18歳の誕生日以降カナダに住んだ年数÷40)……………………………………………………………………………………■ GIS(Guaranteed Income Supplement):補充所得年金GISはOAS受給者の低所得者を補助するため毎月支給される老齢年金補助。所得の証明が必要で、年間所得に応じて支給額が決まります。この補助金は自動的に支給される物ではなく、毎年申請手続きが必要です。課税対象にはなりません。収入や配偶者の有無によって支給額も変わります。カナダ国外に移住した場合、移住した月から最高6ヶ月まで支給が続けられますが、それ以降はカナダに住んだ年数に関係なく打ち切られます。……………………………………………………………………………………■ SPA(Spouse's Allowance):配偶者手当SPAは、家計の担い手であった配偶者を亡くした人や、夫か妻片方の年金のみを頼りに生活する夫婦などの家計を助ける目的で毎月支給される年金で、(1)Allowance for the Survivorと(2)Allowance Programに分けられます。課税対象になりません。毎年申請し直すことが必要で、収入の増減により支給額も変化します。受給条件は共に60歳から 64歳までのカナダ市民もしくは、移住者で18歳以降最低10年以上カナダに居住していること。(1)配偶者を亡くした人、または、(2)OAS年金の受給者の妻か夫であること。どちらの場合でも所得収入が一定額以下であることが条件となり、本人が65歳になってOAS年金を受け取るようになると打ち切られます。それ以前であっても、GISと同様に受給者が6ヶ月以上カナダを離れた場合や 、(1)の受給者が再婚したり、(2)の受給者が離婚または別居した場合には支払が打ち切られます。OAS(老齢年金)とGIS(補充所得年金)の受給資格年齢が2023年から2029年にかけて徐々に現在の65歳から67歳に変更されます。又、SPA(配偶者手当)の受給資格年齢も現在の60歳から64歳までを徐々に62歳から66歳までに変更されます。■ 老齢保障年金制度(OAS) ■■ カナダの年金の仕組み ■カナダの年金カナダの年金は公的年金と私的年金の2つに大別されます。公的年金の受給条件や支給額はカナダでの居住年数や就労期間によって変化します。老後の資金プランを立てるためにもカナダの年金制度をよく理解しておくことが大切です。シニアライフ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です