TOWN PAGES Vol.21 / 2013-2014
28/184

Information24生活情報 〜カナダの暮らしに役立つ情報〜ファイナンス(銀行を利用する)カナダにもいろいろな銀行がありますが、主要銀行はTD Bank、CIBC、Royal Bank、BMO、Scotia Bankなど。口座の種類やプランは各銀行共通して似ていますが、各銀行が提携しているサービス(例えばクレジットカードでマイレージが貯まるサービスなど)や手数料やプランによっては銀行独自のものもあります。■ カナダの主要銀行 …………………………………………………………● TD Canada Trust *1) ……………………www.tdcanadatrust.com ● CIBC *2) …………………………………………………www.cibc.com ● Royal Bank of Canada ………………www.rbcroyalbank.com ● Band of Montreal……………………………………www.bmo.com ● Bank of Nova Scotia ………………………www.scotiabank.com*1) バンクーバーには日本語デスクがあります。*2) CIBCのABM(Automatic Bank Machine) は殆どのセブン・イレブンに設置されています。 ■ 銀行口座開設の方法 ………………………………………………………必要なIDはパスポート等2点(IDの種類は各金融機関にお問い合わせください)。また銀行によってはカナダの住所を証明できるものが必要です。ワーキングホリデーや移民の人はSINカードも必要です。また銀行によってはその場ですぐ使えるデビットカード、あるいは一時的に使用できるデビットカードを発行してくれます。一時的カードの場合は1~2週間後に正規のカードが郵送されます。 ■ 口座の種類と特徴 …………………………………………………………● 当座預金口座 (Chequing Account) 主に生活費の出し入れ、デビットカード、小切手(チェック)ご利用等に使われます。一般的にカナダの銀行は日本の銀行と違い、口座を保持しておくだけで毎月の口座維持手数料がかかります。それ以外でも、デビットカードを利用したり、小切手発行の際にも手数料がかかりますが、口座のプラン等によっては、ある一定の残高を保つと維持費が免除になったり、デビットカードや預金引落しもプランによって手数料やその制限回数も異なります。学生にお得なプランもあるので、学生の方は調べてみると良いでしょう。 ● 普通預金口座 (Savings Account) ……………………………………… 貯蓄口座として、積立用の口座として利用したり、ある一定金額の残高を超えると高金利がつく普通預金口座もあります。引落とし回数や金額に制限がある場合があります。 ● 定期口座 (Term Account) ……………………………………………… 普通預金口座より金利も良く、金額により30日から5年まで様々な期間があり、固定金利の一般的な定期の他に途中解約可能な定期や変動金利の定期、マーケットと連動している定期預金等様々な種類の定期預金があります。● その他の口座 (外貨口座等) ……………………………………………… USドル口座が一般的。その他の外貨を取り扱う銀行もあります。カナダでは現金を持ち歩く習慣が無く、家賃は小切手、大きな買物などの際にはクレジットカードやインターラック、小切手で支払うのが一般的です。銀行に記録が残るため、金額取引の履歴をたどりやすく便利です。 ● チェック……………………………………………………………………… 一般の買い物等の支払いには難しいですが、家賃や多額の支払の際に便利です。小切手には小切手が有効となる「日付」、「支払い先の正式名称(個人名あるいは企業)」、「支払金額(数字と英字)」、「自分の署名」を記載して使います。この記載事項に1つでも間違いがあれば受取人は換金ができないので注意しましょう。また小切手を発行後、当座預金口座にお金がないと「不渡り」となってしまい、支払いができず高額な手数料を取られてしまいます。小切手を利用する時には不渡りにならないように口座の残高をきちんと確認しておきましょう。● インターラック・デビットカード ………………………………………… 銀行のカードで簡単に買い物等ができるシステム。購入金額もほぼ同日に口座から引かれます。「INTERAC」ステッカーがある加盟店(殆どどこででも)で利用できるので便利です。またスーパーなどではキャッシュアウト(キャッシュバック)と言って、デビットカードを使って買い物の支払い金額に足す形で現金を引き出すことができます。この便利なデビットカードですが、最近ではカードの暗証番号が盗まれたりするなどの、カードシステムを悪用した事件が多いようです。利用の際は十分に気をつけましょう。 ● マネーオーダー …………………………………………………………… 一般には利用される事が少ないものです。銀行にて口座から出金して発行する小切手です。作成の際には金額、支払相手先の情報が必要になり、手数料もかかります。 どこの支店でも24時間利用可能のATMがあります。日本のような時間外、週末、祝日の手数料もありません。支払いアカウントを作ればハイドロ等の支払いも可能です。ATMでは1日に引出せる上限が設定されているので、ワーキングホリデーや留学生の方で、旅行時などに大きな金額を一度に引出す場合には注意が必要です。デビットカード利用時(例えば航空券を買う場合など)も同様です。取引銀行以外のATMの利用や、銀行以外のATMでの利用は通常手数料がかかります。 口座振替/ネットでの口座開設/支払い/住所変更/アカウント情報閲覧等の銀行サービスが可能です。光熱費・電話料金、クレジットカードなどの支払いも、振込先を登録しておけばインターネットでの支払いが可能です。複数のアカウントを持っている人はこれで殆どの銀行口座の管理ができるので、オンラインバンキングはとても便利です。クレジットカードは過去の使用履歴で信用性を証明するIDとしてよく使われます。カナダでクレジット履歴がない方は、滞在ビザにもよりますが、拘束金を預けて審査申込みをすることも可能です。カードの種類は年会費ゼロのベーシックなものから、年会費がある特典付きのものがあります。特典はマイルやトラベルポイントが貯まるものや、キャッシュバックの特典が付くものが主流です。カードによっては、旅行保険、自動車保険等が付いているクレジットカードもあります。ファイナンス銀行を利用するカナダでは小切手、クレジットカード、デビットカードでの支払いが一般的です。銀行によって様々なプランやサービスがあります。留学生の方は学生にお得なプランなどもあります。口コミやネットで調べたりして自分にあったプランを選びましょう。■ 銀行口座について ■■ 支払いについて ■■ ATMサービス ■■ ネットバンキング ■■ クレジットカード ■

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です