TOWN PAGES Vol.21 / 2013-2014
27/184

Information23生活情報 〜カナダの暮らしに役立つ情報〜(注) 1.(※)印の用紙は総領事館に備え付けてあります。 2. 総領事館で取扱う証明並びに届け出には上記の他、戸籍記載事項証明、国籍選択届、在外選挙手続等があります。詳細は当館ホームページ等で御確認下さい。 3. 在留届の提出:3ヶ月以上滞在される日本国籍保有者の方は旅券法により在留届の提出が義務づけられていますので、提出方お願いします。又、記載事項の変更、帰国の場合も届出てください。 4. 上記領事関係事務手続の為、御来館の際には日本国旅券及びカナダ国滞在資格を証明するもの  (永住者:PRカード、学生及び就労査証、ワーキングホリデー査証等:カナダビザ)を併せて御持参下さい。 5. 手数料は現金(カナダドル)で、おつりの無いようにお願いします。休館日:土・日・祝日、及び当館が特に定める日(年末年始等)電話受付 ..................................月〜金 9:00〜12:00、13:00〜17:00領事窓口 ..................................月〜金 9:00〜12:00、13:00〜16:30査証(外国人) ........................月〜金 9:30〜11:30、13:00〜15:30在バンクーバー日本国総領事館では領事窓口(9階)で主に以下の事務を取扱っています。必要書類、必要通数、手数料等変更される場合がありますので詳細は当館ホームページ等で御確認下さい。 戸籍・国籍関係事務(各種届出)種  類出 生 届婚 姻 届離 婚 届国籍喪失届死 亡 届届出人・期間*BC州又はユーコン準州内にて出生し、カナダ国籍を取得した子供の日本国籍を留保しようとする場合、日本国籍者である父又は母が子が生まれた日から3ヶ月以内に出生届と共に日本国籍を留保する旨を届け出る必要がある*日本人同士の結婚の場合、原則、当事者双方が総領事館に来館の上、届け出ること*日本人同士が外国の方式で婚姻したことを届け出る場合は、どちらか一方が届け出る*当事者の一方が外国人で、日本の方式で婚姻する場合、日本国内の市区町村役場に直接届け出ること。詳細は各役場に確認*当事者の一方が外国人で、外国の法律のもとで婚姻したことを届け出る場合は、日本人当事者のみが届け出る*外国の方式により婚姻が成立した場合、成立の日から3ヶ月以内に届け出ること*上記婚姻届と同じ *日本の国籍を喪失した場合は、国籍喪失の事実を知った日から3ヶ月以内に本人、配偶者又は 4親等以内の親族が国籍喪失を届け出ること*BC州又はユーコン準州で日本人が死亡した場合は、親族又はその他の者が死亡の事実を知った日から3ヶ月以内に死亡を届け出ること必要書類等(1)出生届書(※) .................................................................2通(2)医師の出生証明書(※) .............................................2通(3)(2)の出生証明書邦訳文(※) ...............................2通(4)父又は母の有効な日本旅券及び滞在資格を示す 書類(査証若しくはPRカード) *なお、BC州の出生証明書を取得済みの場合は、 参考資料としてお持ち下さい【 1.日本人同士が日本の方式で結婚する場合 】(1)婚姻届書(※) .................................................................3通(2)当事者双方の戸籍謄(抄)本 ....................................2通【 2.日本人同士がBC州又はユーコン準州の方式により婚姻した場合 】(1)婚姻届書(※) .................................................................3通(2)州政府発行の婚姻証明書、原本及び同コピー ..3通(3)(2)の婚姻証明書の邦訳文 ......................................3通(4)当事者双方の戸籍謄(抄)本 .....................................2通【 3.当事者の一方が外国人の場合 】(1)婚姻届書(※) .................................................................2通(2)州政府発行の婚姻証明書、原本及び同コピー ..2通(3)戸籍謄(抄)本 .................................................................2通(4)外国人当事者の婚姻時の国籍を証明する書面   原本及び同コピー ...........................................................2通(5)(2)及び(4)の邦訳文 .................................................2通【 1.日本人同士が協議離婚する場合 】(1)離婚届書(※) .................................................................3通(2)戸籍謄本.............................................................................2通【 2.日本人同士が裁判で離婚した場合 】(1)離婚届書(※) .................................................................3通(2)離婚判決謄本、離婚証明書、同コピー .................3通(3)判決謄本の邦訳文 .........................................................3通(4)離婚証明書の邦訳文 ....................................................2通(5)戸籍謄本 .............................................................................3通(6)被告が適法な呼び出しを受けた、又は応訴した ことを証明する書面及びその邦訳文 ...................3通【 3.当事者の一方が外国人の場合 】 上記2.と同じ、書類数は各2通(1)国籍喪失届書(※) .......................................................2通(2)カナダ市民権証書、原本及び同コピー .................2通(3)市民権カード、原本及び同コピー ............................2通(4)(2)及び(3)の邦訳文 .................................................2通(5)戸籍謄(抄)本 .................................................................2通(6)所持する日本国旅券(1)死亡届(※) ......................................................................2通(2)死亡時刻が記載された医師の死亡診断書及び同 コピー、又は州政府発行の死亡登録書及び同コピー ................................................................................................2通(3)(2)の邦訳文 ...................................................................2通備   考*邦訳文には翻訳者の氏名を記載のこと*出生届により日本国籍を留保し重国籍となった場合、当人は22才に達するまでに国籍の選択をしなければ、日本国籍を失うことがある*父母の婚姻等確認のため、戸籍謄本の提出が必要となることがある*証人(成年の証人)2人が必要、各証人は届書証人欄に所要事項を記載し、署名(ぼ印を捺印)のこと*婚姻後の夫婦の新本籍地を夫又は妻の従前の本籍以外のところに設ける場合は、提出書類は各4通*証人は不要*邦訳文には翻訳者の氏名を記載のこと*婚姻後の夫婦の新本籍地を夫又は妻の従前の本籍以外のところに設ける場合は、提出書類は各4通*証人は不要*邦訳文には翻訳者の氏名を記載のこと*婚姻後の夫婦の新本籍地を夫又は妻の従前の本籍以外のところに設ける場合は、提出書類は各3通*外国人との婚姻による氏の変更届可能(婚姻後6ヶ月以内)*要証人(上記婚姻届と同じ)*証人は不要*裁判の原告である日本人届出人が判決確定後10日以内に届け出なかった場合、遅延理由書が必要*夫婦の一方が申し立てた離婚裁判の場合、被告が裁判の存在自体を知り得なかった状態での判決は、日本の民事訴訟法上無効であるため、証明する書面が必要*証人は不要*邦訳文には翻訳者の氏名を記載のこと*外国人との離婚による氏の変更届可能(3ヶ月以内)*自己の志望でカナダ国籍を取得した場合、法律上カナダ国籍を取得した時点で日本国籍を喪失する*カナダ市民権を取得した年月日が記載されている市民権証書が必要*喪失者の4親等内の家族が届出期間経過後に届け出た場合、遅延理由書が必要*邦訳文には翻訳者の氏名を記載のこと*日本人同居親族が届出期間経過後に届け出た場合、遅延理由書が必要*本籍地等確認のため、戸籍謄(抄)本があることが望ましいTel : 604-684-5868 Fax: 604-687-2236 #900-1177 W. Hastings St., Vancouver, B.C. , V6E 2K9, Canadahttp://www.vancouver.ca.emb-japan.go.jp/index_j.htm consul@vc.mofa.go.jp

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です