TOWN PAGES Vol.21 / 2013-2014
20/184

Information16生活情報 〜カナダの暮らしに役立つ情報〜住まいについて(不動産の購入/不動産の売却)……………………………………………………………………………………■ 決済手続き不動産売買の決済手続きは、弁護士または司法書士が行います。売り主側、買い主側の弁護士又は司法書士の間で不動産売買決済関係書類の作成、確認作業が行われます。内容に問題がなければ、買い主は決済に必要な金額を買主側の弁護士または司法書士へ預け、この書類にサインをします。そして、売主もこの書類へサインをし、買主側の弁護士または司法書士が登記所へ登記の名義を買主へ変更する申請をします。それと同時に買い主側から購入金額が売主側へ支 払われ、決済手続きが完了します。……………………………………………………………………………………■ 引き渡し引き渡しの当日は、物件の状態が売買契約通りであるかを確認します。物件購入には、物件の価格以外に一般的には下記の諸経費がかかります。不動産購入の際には、物件価格以外にかかる諸経費を考慮して支払いプランをたてましょう。■ 不動産取得税物件価格のはじめの20万ドルに対し1%、それを超える残りの価格に対し2%の不動産取得税がかかります。……………………………………………………………………………………■ 消費税新築住宅物件、商業物件、土地などを購入する場合は、5%の消費税と、2%の移行税がかかります。中古住宅物件を購入の場合は、免除されます。。……………………………………………………………………………………■ 弁護士費用または司法書士費用登記手続きは弁護士または司法書士が行いますが、弁護士の場合は約$1,000~$2,000、司法書士の場合は約$600~$1,000が登記手続き費用としてかかります。上記の他に、その年の不動産税の日割り計算分や、コンドミニアム購入の場合は 住民組合費の日割り計算分などが調整されます。尚、購入時に買主側は不動産手数料がかかりません。バンクーバーの不動産売買では、売主側が支払う不動産手数料を一括して支払います。カナダ在住の人が初めて不動産を購入する場合は、物件の価格に応じた免税の特典があります。物件の資産評価(通常は購入金額)が$425,000以下の場合は、Property Transfer Tax (初めの$200,000に対して1%、残りの金額に対して2%)が免除されます。$425,000以上の場合は段階的に免除額が減り、$450,000を超すと免除額はなくなります。また、ご自分のRRSP(非課税退職預金)から$25,000まで引き出して、不動産購入の資金として使用しても、引き出した金額は課税されません。 売主はもちろん高値での売却を望みますが、販売価格を設定する前に下記項目をご確認しましょう。……………………………………………………………………………………■ リノベーション/クリーニングまず所有している不動産物件の状態をチェックしましょう。販売するために大掛かりなリノベーションは必要ありませんが、物件を少しでも高値で、そしてできるだけ早く売却するには、壁やカーペットの汚れや修繕が必要な箇所等は市場に出す前にきれいに修復し、物件の第一印象をより良くするように心掛けましょう。この費用を惜しんだために何ヶ月も売却できなかったケースや、逆に少しの手直しを施すことにより、速やかに売却できた物件もあります。 ……………………………………………………………………………………■ 市場状況の調査実際の市場価格を冷静に判断するため、不動産市場状況を知ることが大切です。特に、地域、物件のタイプ、土地や建物の広さ、メンテナンスの状態などの条件が似ている他の不動産物件の、できれば6ヶ月未満の売買動向をよく研究する必要があります。その上で所有の不動産の市場価格を推測し、販売価格を設定します。……………………………………………………………………………………不動産業者はその物件の市場価格を査定し、それを参考に売主は販売価格を決定します。その後、不動産業者は近隣の不動産市場状況を調べてタイミングを見計らって販売を開始します。販売方法は一般的には不動産協会のマルチプル・リスティング方式で販売します。これは販売依頼を請け負った不動産業者が窓口となり、全不動産協会員が協力して物件を販売する方法で、短期間で良い結果が期待できます。物件売却には下記の諸経費がかかります。……………………………………………………………………………………■ 不動産手数料 売却価格のはじめの$100,000に対し7%、それを超える残りの価格に対し2.5%の不動産手数料がかかります。……………………………………………………………………………………■ 弁護士費用または司法書士費用 弁護士の場合は約$500~$1,000、司法書士の場合は約$300~$600。……………………………………………………………………………………■ 値上がり益に対する所得税カナダ居住者の場合、本宅用物件なら非課税、別荘や投資用物件なら値上がり益の50%が課税所得となり、他の取得と合算して累進課税、非居住者の場合は、値上がり益の25%を納税しなければなりません。上記の他、その年の不動産税の日割り計算分や、コンドミニアム売却の場合は住民組合費の日割り計算分が調整されます。■ ファーストタイムバイヤーの特典 ■■ 不動産購入に伴う費用と税金 ■● Property Taxについてバンクーバー市以外は年1回7月初め、バンクーバー市は年2回に分けて2月と7月の初めに、1年分のProperty Taxを納税します。納税額は不動産税評価額の約0.4%強です。尚、所有者が居住している場合や、所有者がシニアの場合は、納税額に割引があります。売主にとって物件がどれ位の価格で売却できるかは一番の関心事。より高価で売却するには、実際の市場価格を加味しながら冷静に判断することが大切です。不動産の売却■ 不動産売却を決めたら ■■ 不動産売却に伴う費用と税金 ■© Pavel Bernshtam | Dreamstime.com

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です