TOWN PAGES Vol.21 / 2013-2014
14/184

Information10生活情報 〜カナダの暮らしに役立つ情報〜ビザ関連(就労ビザの取得/移民になる)移民申請カテゴリーは、以下のカテゴリーに大別されます。……………………………………………………………………………………■ スキルドワーカー移民 (技術・専門職クラス / Federal Skilled Worker)スキルドワーカークラスは、個人の技能や技術によって経済的にカナダで自立したい人のためのカテゴリーです。6つのファクター(学歴、職歴、英語・フランス語の語学力、年齢、カナダでの雇用の保証、適応性)に基づいた審査項目があり、ポイントの累計が67点以上であることは必須条件の一つです。カナダでの雇用が決まっていなくても指定職種での職歴があり、語学力の点数をクリアすれば申請可能です。また、語学力の判定はIELTSなどの公認テストの点数によって審査されます。申請の必須条件は以下の通りです。1)過去10年間に、ハイスキルの職種にて継続的な就労経験が有給かつフルタイム(若しくは相当するパートタイム)1年以上ある。2)一定の語学力がある。IELTS-GE;各項目6.0以上CELPIP:各項目6L以上TEF:Reading206以上、Listening248以上、Speaking/Writing309以上3)学歴について、カナダの学校が発行するものか、カナダ以外の学歴なら認定機関の審査が必要。4)パスマーク下記のカテゴリーにて、満点100のうち、67若しくはそれ以上のポイントが必要。5)資金の証明申請者の家族人数により、2013年現在では1名、11,115ドル、2名、13,837ドル、3名、17,011ドル、4名、20,654ドル、5名、23,425ドル、6名、26,419ドルとなっています。ただ、カナダで現在就労している、若しくは雇用の確保がされた申請者には上記の資金の証明はいりません。6)カナダにてハイスキルの雇用が確保されている、若しくは下記の職種リストに該当する職歴が1年以上(フルタイム又は相当するパートタイム)が必要、若しくはカナダの大学で博士号コース2年以上の履修若しくは卒業後1年以内。0211Engineering managers1112Financial and investment analysts2113Geoscientists and oceanographers2131Civil engineers2132Mechanical engineers2134Chemical engineers2143Mining engineers2145Petroleum engineers2144Geological engineers2146Aerospace engineers2147Computer engineers (except software engineers/designers)2154Land surveyors2174Computer programmers and interactive media developers2243Industrial instrument technicians and mechanics2263Inspectors in public and environmental health and occupational health and safety3141Audiologists and speech-language pathologists3142Physiotherapists3143Occupational Therapists3211Medical laboratory technologists3212Medical laboratory technicians and pathologists' assistants3214Respiratory therapists, clinical perfusionists and cardiopulmonary technologists3215Medical Radiation Technologists3216Medical Sonographers3217Cardiology technologists and electrophysiological diagnostic technologists*各職種の年間の枠は300、合計5,000までとする。雇用が確保される申請者には枠の制限はない。……………………………………………………………………………………■ 家族移民(結婚・コモンローパートナー・家族呼び寄せ / Family Class)カナダ市民権あるいは永住権を持つ人が国内外にいる自分の家族を移民として呼び寄せるプログラムです。家族を呼び寄せる市民権・永住権保持者はスポンサーと呼ばれ、その家族を養う義務が発生します。スポンサーは18歳以上で、申請時に一定の収入証明など、これからどの様にして家族で生計を立てていくかを示す必要があります。申請対象となる家族は、配偶者、コモンローパートナー、子供、その他の家族(両親、祖父母、養子、両親が他界している18未満で未婚の兄弟、姉妹、甥、姪、孫)になります。配偶者とは、合法的にスポンサーとカナダ国内外で結婚している人、コモンローパートナーとは1年間以上継続的に同棲生活をしており、配偶者と同じ様に生計を共にしている人を指します。申請時にはスポンサーとの関係を証明する資料が必要になります。条件を満たせば同性のパートナーでも申請することが可能です。※2011年11月5日より、両親と祖父母のファミリークラスは申請が一時停止されていましたが、2014年1月2日より再開される予定です。5000名の枠と予定されていますが、申請の条件として、最低収入の30%アップ、収入の証明を1年から3年に、スポンサー期間を10年から20年に、扶カテゴリーマックスポイント英語 又は フランス語スキル学 歴就労経験年齢カナダでの雇用の確保適応性合計パスマーク: 100ポイントのうちの67282515121010100人口に対する移民の割合が最も高い国の一つカナダ。平均約25万人が毎年移民しています。どのカテゴリーで申し込むのが自分にとってベストか検討して申請しましょう。カテゴリーによって色々な詳細事項があるので申請時はCICのサイトをチェックしてください。移民になる■ 移民の種類 ■

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です